家庭用のコピー機が広がりを見せる!その本当の理由

コピー機1

コピー機といえば、オフィスにしか見られないものというイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。しかしながら、最近では家庭用コピー機の需要が急激に伸びてきました。市場の拡大を呼び込んだのは、コピー機の需要が増していることもさることながら、各メーカーの努力が背景にあることも事実です。

そんな家庭用コピー機の現状を見てみましょう。

家庭用コピー機の台頭

コピー機の需要が衰えることがないのは、それだけ多くの人が必要としているからです。今では、オフィスだけではなく、家庭用もニーズが拡大していることもコピー機市場全体が盛り上がることの理由になっているといえるでしょう。

昔であれば、コピー機が各家庭にあるということは想像もつかないことだったかもしれません。それなりの価格になってしまうため、欲しくても手が出ないというのが本音です。しかしながら、現在では価格競争が進んだこともあり、コピー機はより身近なものになったといえるのではないでしょうか。

コピー機の製造開発を手掛けるメーカー各社も、利用者の数を伸ばそうとして家庭用コピー機の製造開発に注力しているのが実態です。家電量販店や電器店などでは、競い合うように家庭用コピー機の販売を進めています。期間限定サービスやクーポン券の配布、目玉商品の設定などで、販売数拡大を狙っているのです。

デフレマインドの影響が残る現在では、まだまだ割安な価格帯の商品が好まれる傾向があることから、できる限りリーズナブルな価格帯に設定することが重要となっています。

受験生がいる家庭でも重宝される

「家庭用コピー機は必要?」という意見を持つ人もいるかもしれません。とりわけ、シニア世代にとっては、その必要性を疑問視する声も多くあがっています。確かに冷静に考えてみれば、各家庭にコピー機を設置することには、そこまでの必要性があるとはいえませんが、あれば便利ということは事実です。

従前であれば、コピーをするためには近くのコンビニエンスストアなどに出迎くことが必要でした。コンビニエンスストアが近くにあるという人は、さほど苦労はしないかもしれませんが、コンビニエンスストアなどが近所にない人にとっては、一苦労といえるのではないでしょうか。

ついつい面倒くさくなってコピーすることを断念してしまうことにもなってしまいます。一方、コピー機が家庭内にあれば、そのような心配は一切必要ありません。いつでも気軽にコピーができることで、利便性が向上するということは間違いないといえるでしょう。

家族に受験生を抱える世帯や自宅に持ち帰りの仕事が多いなどのケースも家庭用コピー機が重宝されます。受験生にとっては、重要事項などコピーする機会が多いことはいうまでもありません。そんな時に家庭内にコピー機があることで、気軽にコピーをすることも可能。

勉強の効率が一気に上がることに。また、回覧板などを後でゆっくりと読み返したい時などには、コピーしておけば何度でも繰り返して読むことができます。

機能性も申し分なし

社会情勢や労働環境の変化もあり、独立開業や起業をする人も増加の一途をたどっています。一国一城の主として会社を立ち上げたいという人も増えているのです。「どこに事務所を構えるか」ということが、独立開業や起業をする際のポイントになることはいうまでもありません。

最近では自宅をオフィス代わりに使うという人も増えています。そんな時にも大活躍することになるのが家庭用コピー機です。むろん、大々的にビジネスを展開していくのであれば、業務用のコピー機や複合機を購入することが必要ですが、小規模なビジネスであれば、家庭用コピー機でも十分に代替可能。

特に従業員を抱えることなく、自分一人でビジネスを進めていくという場合は家庭用コピー機でも十分といえるでしょう。「仕事をするのに家庭用コピー機でも大丈夫?」という心配をする人もいるかもしれませんが、その点は問題ありません。

「家庭用」とはなっていても、その機能性や品質については申し分ないといえます。メーカー各社によって仕様や機能に違いがありますが、最近になって出回った機種であれば、総じて高性能といえるのではないでしょうか。

もはや欠かせないアイテム

リコーやキャノン、富士ゼロックスなどコピー機の製造開発を手掛けるメーカーの躍進にもつながっているのが、家庭用コピー機市場の賑わいといえるでしょう。各メーカーは、自社製品の販売数を伸ばすことに躍起になっています。

「どのような家庭用コピー機であれば、多くの人に支持されるか」という観点から開発が行われていることはいうまでもありません。家庭用コピー機を購入することによるメリットとしては、いざという時にいつでもコピーをすることができるという安心感を真っ先に指摘する人も多くいます。

基本的には家庭用については、購入時以外にコストがかかることはありません。(詳細 > 中古コピー機大阪)

当然ながら、インク代やカートリッジ交換などの費用がかかりますが、それを除けば壊れるまで使うことが可能です。

オフィスとは異なり、限られたスペースに置けることも家庭用コピー機の良さといえるでしょう。ダイニングテーブルなどにさりげなくコピー機があるだけで、興味深い空間が生まれます。冷蔵庫や電子レンジなどと同様に家庭環境にはなくてはならないアイテムにもなっていくかもしれません。

合わせて読む:印刷の仕上がりを左右するインクの品質とコピー機のメンテナンス方法

セキュリティ対策も万全

家庭用コピー機を取り巻く環境については、まだまだ市場拡大が見込まれており、メーカー各社のつばぜり合いが続くことが予想されます。先述したような大手メーカー各社に加えて、中堅メーカーや海外メーカーも日本の市場に乗り込んで熾烈な競争が生まれています。

このような状況は消費者にとっては好ましいといえるのではないでしょうか。ネット時代になったこともあり、ネット通販でも家庭用コピー機の取り扱い量が増えており、通販サイトでも目玉商品として位置付けるなどのケースも散見されます。

加えて、買取サイトやオークションなどでも多くの家庭用コピー機が売買されるようになってきました。家庭用コピー機をめぐっては、特段のスキルやテクニックがなくても誰でも使いこなすことができるという手軽さも利用者数アップの原動力になったといえるでしょう。

最近の機種では、個人情報漏えいなどの観点も視野に入れた製品も登場するなど、利用者の安全面にも配慮が行き届いたものが増えています。